宅建の難易度を分析

なんで私が国家資格の中でも宅建を取得したのか、ということは先ほど
「就職・転職に有利だから」と書きましたが、理由はそれだけではありません。
宅建は、国家資格の中でも難易度が“中”にあたる資格だからです。
例えば、弁護士や司法書士といった超Sランクの資格は、
そんじょそこらの一般人が取得できるような資格ではありません。
でも宅建は、私のような一般人でも
ある程度の勉強をすれば確実に取得できる資格なのです。
「とはいっても、どうせ難しいんでしょ」
と疑っているアナタのために、私なりに宅建の難易度について、
細かく分析をしてみました。これを見てから判断するのも悪くはないですよね。

①合格率

まずは、合格率から。過去10年間の宅建の合格率は以下の通りです。

年度

受験者数

合格者数

合格基準点

合格率

平成21年

195,515人

34,918人

33

17.9%

平成20年

209,415人

33,946人

33

16.2%

平成19年

209,684人

36,203人

35

17.3%

平成18年

193,573人

33,191人

34

17.1%

平成17年

181,880人

31,520人

33

17.3%

平成16年

173,457人

27,638人

32

15.9%

平成15年

169,625人

25,942人

35

15.3%

平成14年

169,657人

29,423人

36

17.3%

平成13年

165,104人

25,203人

34

15.3%

平成12年

168,094人

25,928人

30

15.4%

受験者は平成16年度から一気に上がり、現在は約20万人。
この数字は、国家資格の中でもダントツの1位です。
そして、過去10年間の合格率の平均をとると、16.5%。
行政書士や社会保険
労務士と比べると高いのですが、合格するのは100人中約16人だけです。

とはいえ、「合格率は、そこまで気にしなくてもいい!」というのが私の考え。
表の合格基準点を見てください。
宅建の試験は、毎年合格基準点というのが定められています。
合格基準点は毎年変動し、全体の上位の約15~17%が合格となるように
調整されているのです。
試験問題は全部で50問あるので、7割できれば合格できます。
ということは・・・・・・
どんなに周りの受験者が優秀であっても、臆することはないのです。
自分の点数が合格基準点に達すればいいだけのこと。
7割を確実に取るためには、どのように勉強したらよいのか、
ということに照準を合わせて、効率的よく勉強することが大切なのです。

ちなみに、私が受講した「通信教育のフォーサイト」の宅建合格率は、
なんと31(平成21年度)でした。この数字、すごいですよね。
興味のある方はコチラへどうぞ↓
http://takken-tsusin.com/