②標準学習時間

標準学習時間とは、トータルで何時間学習すれば合格できるかということ。
学習時間が少なければ、学力が合格できる最低ラインに達していないので、
合格することはできません。
とはいえ、人によって学習方法や内容が違いますし、能力の個人差もあるので、
あくまでも難易度を判定するひとつの目安として考えてください。

宅建の標準学習時間は、一般的に200~300時間といわれていますが、
私としては、300時間以上の学習をすることをおすすめします。
よくインターネット上では「1日30分1ヶ月で合格!」というような広告がありますが、
宅建はそんなに楽に合格できるような試験ではありません。
試験は年に1回しかないので、不合格だと1年間を棒に振ってしまうことになります。
さらにまた来年も勉強するはめに・・・・・・。
そのようなことにならないためにも、あらかじめ余裕を持った学習計画を立て、
最低3ヶ月以上の学習期間をとることが必要でしょう。

ちなみに、私の学習計画は、

  • 学習期間 7ヶ月
  • 総学習時間 370時間
  • 1日の学習時間 2~3時間

7ヶ月の間には、風邪をひいて勉強ができなかった日もあるので、
1日2~3時間を目安に勉強をしました。
土日は時間を決めずに、1週間の復習をやり終えるまで勉強をやめない!
というスタンス
にしました。
そうすると「早くやらないと終わらないし、眠れない」と思い、
スピードアップに繋がるのです。
私は1時間の中でどれだけ、内容の濃い勉強をするかを常に意識し、
勉強を進めてきました。

私のようなバイト族ならまだしも、仕事が第一の社会人にとっては、
この1日2時間勉強するのは、とても困難だと思います。
通勤中や昼食時間などのスキマ時間を有効活用し、
少しでも勉強時間を増やすことが必要だといえます。